ピンク色の高原、まるでネパール 原産のソバ満開

ネパール原産の赤ソバ。畑一面にピンクの花が広がる

 福島県田村市都路町で、珍しいネパール原産の赤ソバが開花した。高原をピンク色のかすみが漂っているような幻想的な風景が、訪れた人々の目を楽しませている。

 東京五輪・パラリンピックでネパールのホストタウンになったのを記念して2019年、阿武隈高原にあるオートキャンプ場「グリーンパーク都路」の一画90アールで栽培が始まった。なだらかな斜面をヒマラヤの山岳地帯に見立て、群生する様子を再現した。

 見頃は10月中旬まで。収穫した実は日本そばに加工し、地元の宿泊・飲食施設「スカイパレスときわ」で提供する。1日15食限定。連絡先は市観光交流課0247(81)2136。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る