閉じる

住民避難続く福島・浪江にフォーカス 仙台のアマ写真家作品展

 優れたアマチュアカメラマンを表彰する酒田市土門拳文化賞に昨年選ばれた、仙台市太白区の写真家海老名和雄さん(77)の作品展が22日、青葉区の宮城県美術館県民ギャラリーで始まった。26日まで。

 東京電力福島第1原発事故により、住民避難が続く福島県浪江町の現状を伝える「神隠しに遭った街・浪江」を初公開。…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ