10月11日は「平日」 スポーツの日が7月前倒しで3連休消える

10月のカレンダー。11日は祝日として記されていたため、黒色に塗ってある

 今年7、8月に続き、10月にも東京五輪の開閉会式に絡んだ祝日の変更がある。「スポーツの日」だった11日は平日となり、3連休はない。出回っているカレンダーの多くは修正されておらず、改めて注意が必要だ。(編集局コンテンツセンター・藤沢和久)

 スポーツの日は10月の第2月曜から、五輪開会式の7月23日に移された。今年は「海の日」が7月19日から22日に、「山の日」が8月11日から8日にそれぞれずれたが、月をまたいだ移動はスポーツの日だけだ。

 開閉会式に伴い、選手や観客、関係者の移動が多く見込まれていたための措置。五輪は宮城県などを除く大半の会場で無観客となったが、「混乱を避けるため」(内閣官房東京五輪・パラリンピック推進本部事務局)、祝日は予定通り変更された。

 根拠となる改正五輪特措法は昨年11月末に成立。印刷業者などの修正作業が間に合わず、祝日の移動が反映されていないカレンダーや手帳が流通している。7、8月には祝日と平日を取り違える人も少なくなかった。

 来年は通常の祝日配置に戻り、10月の3連休が復活する。カレンダーと実際の祝日が異なる珍しい現象も、今年限りのようだ。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る