岩手県民対象の観光支援再開 宿泊割り引きやクーポン券

岩手県庁

 岩手県は10月1日、新型コロナウイルスの影響を受ける県内の観光業者を支援する「いわて旅応援プロジェクト」を再開する。県民が対象で12月末まで。

 宿泊、日帰りとも5000円を上限に最大半額を割り引き、土産物店などで使える2000円分のクーポン券を付ける。第1弾は4月16日に始まり、県独自の緊急事態宣言が発令された後の8月15日まで延べ約45万1000人が利用した。

 プロジェクトは国の補助金36億5800万円を活用する。第1弾で約28億800万円を使ったため、第2弾の事業費は約8億5000万円。クーポン券の有効期間を発行日から10日間にするなど内容を縮小する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る