河北抄(9/29):成田空港で先週、カメが滑走路を歩く珍事が…

 成田空港で先週、カメが滑走路を歩く珍事があった。雨水をためる近くの調整池から出てきたらしい。発見したパイロットはさぞや驚いたことだろう。滑走路は一時閉鎖され、無事捕獲された。出発便5機に最大約15分の遅れが出た。

 機内では「小さなカメを今、探して捕まえているそうでございます。出発までもうしばらくお待ちください」とアナウンスが流れたとか。とんだ「ちん入者」だが、どこかほのぼのとした感が漂う。

 同じちん入者でも、こちらはそうはいかない。米軍横田基地所属の輸送機オスプレイが先日、仙台空港に着陸した。防衛省東北防衛局によると、飛行中に通常と異なる兆候を察知したための「予防着陸」。米軍からの事前通告はなかった。

 東北では6月に、こちらも横田基地所属のオスプレイ2機が訓練飛行中に相次いで山形空港に着陸したばかり。

 山形、仙台とも大事には至らなかったものの、過去には事故も起きている。二度と来ないのが何よりだが、万が一の時は、事前に一報を。「アポなし」は何事につけ、迷惑千万、この上ない。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る