仙台中心部にビール醸造所 濁りが特徴「ヘイジースタイル」提供

ヘイジースタイルのクラフトビール3種類が楽しめる=仙台市青葉区のクロスBプラス

 仙台市青葉区の複合施設「クロスBプラス」内のビール醸造所「BATSUJI BREWING」でクラフトビールが完成し、8日に提供を始める。華やかな香りとフルーティーさ、とろみと濁りが特徴の「ヘイジースタイル」の3種類で、仙台名物ずんだを使ったビールも味わえる。

 アルコール度数4度と抑えめで飲みやすい「セッションヘイジーIPA」、通常の倍以上のホップでしっかりとした味わいの「ダブルドライホップヘイジーIPA」、仙台産の枝豆「湯あがり娘」をペースト状にして添加した「ずんだヘイジーIPA」を用意。缶入りや瓶詰はなく、店内で注ぎたてを飲んでもらう。

 6日にメディア関係者の試飲会があり、醸造責任者の畠山崇裕さん(37)は「濁り成分はポリフェノールで健康促進にもつながる。市中心部初の醸造所で新鮮なビールを味わってほしい」と話した。今後は東北の果物や新潟県産米などを使ったビールも検討する。

 ビールはスモール(220ミリリットル)600円から。午前11時半開店で、日曜・祝日は午後7時まで。それ以外はランチとディナーの2部制で午後10時まで営業する。県の「みやぎ飲食店コロナ対策認証店」で、仙台牛やひとめぼれなど宮城県産食材を使った料理も楽しめる。連絡先は022(399)7091。

できたてのクラフトビールが味わえる醸造所
BATSUJI BREWING 宮城のクラフトビール市場に新風

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る