東北の「食べるラー油」止まらぬ進化 ブームから12年、今や定番に

「牛タンラー油」ができるまで

 食欲の秋。つやつやの新米はそれだけでおいしいが、ピリリと辛い「食べるラー油」があれば、何杯もおかわりしたくなる。一大ブームを巻き起こしたが、あれからおよそ12年。今ではご飯のお供にとどまらず、万能調味料として確固たる地位を築いた。東北各地の特産品を巻き込みながら進化を続ける「食べるラー油」の今を追…

残り 2309文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ