何でも固めたい県民性? 「横手やきそば寒天」登場

 どんな食材でも寒天寄せにすると言われる秋田県南地方。横手市のご当地グルメ「横手やきそば」の寒天が登場し、さすがの地元住民も驚いている。

 ストレートのもちもち麺にキャベツ、豚ひき肉が寒天に埋まる。甘いソースをそのまま再現し、福神漬けまで入る。目玉焼きはさすがに難しかったようで薄い卵焼きがのっている。

 市内の道の駅十文字が寒天のアイデアを一般に募って商品化。月、金曜に1パック300円で店頭に並べる。まだなじみが薄く、人気は固まっていない。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る