青森の公園に「どこでもドア」 誰が何のために?

 青森県平川市の猿賀公園に先日、ドラえもんの「どこでもドア」そっくりのオブジェが突如、現れた。

 ドアの向こうに岩木山を望む絶景スポット。SNSで出現を知った親子連れらが写真撮影を楽しんだ。市内の別の場所では今夏、同じようなドアが現れ、すぐに消えた。

 いつ、誰が何のために置いたかは分かっていない。コロナ禍で旅行を我慢しなければならない人たちにとって、気持ちを明るくしてくれる「秘密の道具」になっている。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る