ジェラート専門店、白石にオープン 旬の果物や野菜で豊かな味わい

 白石や蔵王の食材を使ったジェラート専門店「FRUTTA GELATO」(フルッタ・ジェラート)が15日、宮城県白石市福岡地区の地場産品レストラン「みのりキッチン」の併設店としてグランドオープンする。

 

15日にグランドオープンするジェラート専門店

栗に巨峰、カボチャ味も

 初日は栗、巨峰、カボチャなど6種類の味を用意。1種類用のコーン、2種類用のカップ(共に430円)、6種類全部が味わえるボウル(620円)から選べる。旬の時期に合わせて味を変える方針で、今後は白石産ササニシキや春菊などの提供も予定する。

 6次産業化に取り組む一般社団法人「みのり」の運営。当初は昨年5月のみのりキッチン開店に合わせて早期にオープンする予定だったが、新型コロナウイルスの影響で遅れた。グランドオープンで、店内に入らずとも買い求めることができるようになる。

 法人担当者は「地元の旬の果物、野菜、牛乳を使用し、野菜ソムリエのシェフがレシピを考案する。子どもからお年寄りまで多くの人に味わってもらえれば」と話す。午前11時~午後3時。火曜定休(祝日などは営業)。連絡先はみのりキッチン0224(26)8121。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る