「シマウシ」に虫来ねぇず 米沢牛の産地で模様の効果検証

 米沢牛の産地・山形県小国町で、黒い繁殖牛に白い樹脂塗料でしま模様を描き、シマウマのような体表にして、アブやサシバエといった吸血虫の接近を防ぐ試みが進められている。放牧時に吸血虫を警戒して感じるストレスを減らせる可能性があり、県置賜総合支庁(米沢市)が主導して効果の検証を重ねている。

5センチ幅のしま…

残り 528文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ