「シマウシ」に虫来ねぇず 米沢牛の産地で模様の効果検証

 米沢牛の産地・山形県小国町で、黒い繁殖牛に白い樹脂塗料でしま模様を描き、シマウマのような体表にして、アブやサシバエといった吸血虫の接近を防ぐ試みが進められている。放牧時に吸血虫を警戒して感じるストレスを減らせる可能性があり、県置賜総合支庁(米沢市)が主導して効果の検証を重ねている。

しま模様に塗られた繁殖牛=山形県小国町

5センチ幅のしま模様

 検証期間は8~10月。米沢牛を産む可能性のある繁殖牛を対象に、5センチ幅のしま模様を施した3頭と、模様のない3頭を牛舎から連れ出し、動きを15分間にわたり観察する。

 支庁によると8、9月、しま模様の牛は「頭を振る」や「足踏みをする」など虫に対する忌避行動が、他の牛に比べて約4~8割少ないことが確かめられた。虫が近づかなくなったためと見られるが理由は不明という。

 支庁は管理の省力化や飼料費の圧縮につながるとして、遊休農地を用いた簡易放牧の普及に力を入れている。ただ屋外は牛舎内に比べて吸血虫が多いため牛のストレスが高まるといい、食欲や運動量の低下につながる点が課題となっていた。

 虫が病気を媒介する危険もあり、支庁は生産者の不安解消に向けて対策を探ってきた。今回、「牛をしま模様に塗ると、近寄る吸血虫の数が減る」とする愛知県農業総合試験場の実験結果に着目した。

 支庁は町内で1日に関係者向けの説明会を開いた。検証に協力する遠藤畜産(小国町)の遠藤寛寿取締役は「こんなに効果があるとは思わなかった。来年は機会があれば放牧場に出してみたい」と話した。

 支庁は検証結果を基に、簡易放牧の拡充に向けた方策を生産者らと協議。来年度以降の事業を検討する考えだ。

検証対象となったゼブラ柄の繁殖牛=山形県小国町

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る