ベガルタ、きょうアウェー大分戦 J1残留へ望みつなげるか

赤崎(左)と激しく競り合う吉野

 J1仙台は17日、大分市の昭和電工ドーム大分で、リーグ戦第32節のアウェー大分戦に臨む。午後2時開始。J2降格圏対決を制し、J1残留へ望みをつなぎたい。14日は仙台市泉サッカー場で練習し、15、16日は非公開で調整した。

 4勝11分け16敗で勝ち点23の仙台は16日現在、最下位。前節は柏と1-1で引き分けた。前半10分にFW富樫のゴールで先制したが、後半33分に追い付かれた。

 6勝6分け19敗で勝ち点24の大分は同19位。前節はC大阪を1-0で破った。前半34分にMF町田が得点し、そのまま逃げ切った。

 J1での通算対戦成績は仙台の6勝1分け2敗。ホームで対戦した今季1巡目は2-1で勝利した。仙台の手倉森監督は「ロングボールを多用したり、こちらを食い付かせるような作業をしたりしてくる。間延びせずに対応することが大事になる」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る