河北春秋(10/17):積み木やブロック遊びは、崩れたら、改善し…

 積み木やブロック遊びは、崩れたら、改善した上で積み直す。コンピューター科学者のミッチェル・レズニックさんは、幼稚園で定番の遊びに、学びの原点があると指摘する。「急速に変化する今日の社会で活躍していくために必要な創造力がある」。課題解決力と言えよう▼子ども向けプログラミング言語「スクラッチ」の開発者が共著『ライフロング・キンダーガーデン』で説くのは、創造力を育む幼稚園のような場がもっと必要だということ。日本の小学校で必修となったプログラミングでも普及する「スクラッチ」は幼稚園の学びがベースだった▼日本の学校が変わりつつある。鍵となるのは、デジタル。東京電力福島第1原発事故で会津若松市に避難する福島県大熊町の小中学校では、試行錯誤する教員らが手応えを感じている▼人工知能(AI)を活用したタブレットを使う教科学習は、理解度に応じた個別学習。子ども同士が教え合うも良し。教師はサポート役に回る。黒板に向かう従来の授業は一変した。町内に2023年度完成の新校舎は多様な学び方を可能にする空間だ▼現場が地道に取り組む中、デジタル庁幹部の接待問題が浮上した。雲散霧消の末に衆院選に突入する。行政も政治も信頼を損ねては現場の努力が浮かばれない。(2021・10・17)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る