<NPOの杜>正しい理解 浸透目指す/日本てんかん協会宮城県支部

 10月は「てんかんを正しく理解する月間(てんかん月間)」。公益社団法人日本てんかん協会は、てんかんへの社会的な理解促進に取り組み、全47都道府県に支部を置いて患者の交流活動や相談対応、啓発活動を展開しています。当事者や家族のサポートを30年以上続けている宮城県支部代表の松崎幸司さん(72)と、事務…

残り 836文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

志民の輪

私たちの周りでは、たくさんの市民団体・NPOが地域課題の解決などを目指して活動しています。「認定NPO法人杜の伝言板ゆるる」と「NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター」が交代で担当し、さまざまな団体の活動や地域課題について伝えていきます。

ライブカメラ