FAQ

ダブル選挙の宮城、舌戦二重奏 候補者「共闘」有権者は「混同」

 衆院選が19日公示され、宮城県内は14日告示の知事選とのダブル選挙戦に突入した。公選法の規定で知事選告示後、政治活動が制約されていた衆院選の各陣営は「解禁」とともに街へ繰り出し、知事選候補者と訴えの二重奏を響かせた。

 知事選で無所属現職の村井嘉浩候補(61)は、仙台市中心部であった衆院宮城1区の自…

残り 799文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る