FAQ

山形「丸八やたら漬」の135年を記録 映画祭ゆかりの人々関わる

 昨年5月に135年の歴史に幕を閉じた山形市の老舗漬物店「丸八やたら漬(づけ)」の記録映画「丸八やたら漬 Komian」(105分)が完成した。山形国際ドキュメンタリー映画祭のオープニングで上映され、社長を務めた新関芳則さん(68)は「店の記録を映画で残してもらい、ありがたい」と感謝した。

11月4日…

残り 428文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る