FAQ

ビーグル2匹、仙台空港で特訓中 動植物の検疫探知犬「ギガ」と「琥珀」

 仙台空港(名取市、岩沼市)の国内線到着ロビーで27日、動植物検疫探知犬の訓練が始まった。国外から家畜の悪性伝染病や病害虫が持ち込まれるのを防ぐのが役目だが、昨年7月の仙台空港への配置以降、新型コロナウイルスの影響で国際線の運航はゼロ。旅客が行き交い、より実地に近い環境で「本番」に備える。

 訓練は週…

残り 463文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る