閉じる

社説(11/7):女性の政治参加進まず/制度と環境の整備が急務だ

 国際的に最低水準にあるとされる女性の政治参加は、衆院選でも改善されなかった。

 政治分野の男女共同参画推進法(候補者男女均等法)が2018年に施行されたにもかかわらず、立候補者は186人で前回(17年)から23人減。比率は17・7%と横ばいだった。当選者は小選挙区24人、比例代表21人の計45人で前…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ