閉じる

30年続いた「青空法話」 寂聴さん、岩手と深い縁 尽力に感謝の声

 9日に死去した瀬戸内寂聴さんは、二戸市浄法寺町の古刹(こさつ)天台寺の住職を1987年から18年間務めるなど岩手県との縁が深かった。関係者は11日、死を悼みつつ感謝の言葉を寄せた。

 寂聴さんは、荒廃した天台寺を復興させた功績者。2017年まで約30年間続いた「青空法話」は毎年数千人のファンが詰め掛…

残り 1341文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより