閉じる

21票差、西和賀町長に新人 岩手「沢内村」「湯田町」の因縁今も

 岩手県西和賀町長選は14日、投開票が行われ、新人の内記和彦氏(60)が21票差で現職の細井洋行氏(72)を破った。同じ顔合わせだった前回の335票差の惜敗から雪辱した。合併から16年たった今も続く「沢内村」「湯田町」の対抗意識が接戦を生み、町出身の自民党衆院議員藤原崇氏の介入も影響したとされる。

 …

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ