「引き続き頑張ってほしい」 達増岩手知事、小沢氏にエール

達増拓也岩手県知事

 達増拓也岩手県知事は1日、衆院選岩手3区で敗れ、比例復活した立憲民主党の小沢一郎氏に「政権交代が普通に起こるような民主主義を根付かせるため、引き続き頑張ってほしい」とエールを送った。

 小沢氏を政界の師と仰ぐ達増知事。選挙区での敗因を「準備の段階から本番中まで全国を応援で駆け回っていたため、自分の選挙区での運動が足りなかったのだと思う」と分析した。

 2、3区の野党統一候補の敗北について「野党共闘で政権交代という大きな流れを全国的につくれず、岩手も影響を受けた。私もやるべき事ができなかった」と反省した。

 1区では立民県連と係争中の前議員階猛氏が6選を果たした。「きちんとした野党共闘にならなかったのは残念」と悔しがった。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る