津軽飯詰駅に「汽車旅文庫」誕生 鉄道作家・種村さん遺族、蔵書3200冊寄贈

 鉄道旅行作家の種村直樹さん(1936~2014年)の遺品が、青森県五所川原市の津軽鉄道津軽飯詰駅で保存、展示されることになった。地域を盛り上げようと、住民グループ「飯詰を元気にする会」が運営を買って出た。開設を記念した式典が13日、現地であり、遺族や愛読者、地元関係者ら約70人がテープカットして祝…

残り 638文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ