「特急ひばり」東北から姿消す 485系ジパング、10日最終運行

特急「ひばり」などで活躍していた485系車両=1978年9月、仙台市の国鉄仙台駅

 特急列車として上野―仙台間を走った「ひばり型」485系を改造した車両が10日に運行を終え、東北から姿を消す。東北新幹線が登場するまで一時代を築いた485系の半世紀を超える軌跡を、河北新報社に残る写真と記事を中心に振り返る。(編集局コンテンツセンター・藤沢和久)

 485系は1964年に登場し、交流、直流を問わず全国の電化区間を走った。当初は西日本の交流60ヘルツ用481系、東日本の交流50ヘルツ用483系に分かれ、両周波数に対応した485系に発展した。

運行開始を祝い、花束贈呈を受ける車掌ら=1965年10月1日、盛岡市の国鉄盛岡駅
ダイヤ改正を前に、1965年9月5日の河北新報に掲載された時刻表。平駅は現いわき駅(常磐線)、尻内駅は現八戸駅(青い森鉄道線)を指す。

 東北では65年10月、東北線仙台―盛岡間の電化に合わせて運行を始めた。上野―盛岡間の「やまびこ」1往復、上野―仙台間の「ひばり」2往復で、やまびこは7時間10分、ひばりは4時間35分で走破した。67年10月からは一部が東京駅まで乗り入れるようになった。

 東北線全区間の複線電化が68年10月に完成して最高時速が120キロに上がり、上野―仙台間は3時間53分に短縮された。奥羽線や磐越西線の電化が進み、上野と会津若松、山形を結ぶ「あいづ」「やまばと」にも導入された。

 当時は労使間の対立が激しく、安全確認を理由にした順法闘争やストライキで運休や遅れが頻発。運賃や特急料金の引き上げ、航空運賃の引き下げ、不況なども重なり、乗客離れを招いた。

順法闘争のため、3時間遅れで仙台駅に到着した下りの特急ひばり1号。「春闘勝利」などのビラが車体に貼られている=1973年4月24日、仙台市の国鉄仙台駅
客離れで空席が目立つひばり号の普通車=1975年2月3日

 イメージアップを図るため78年10月、平仮名とローマ字だけだった先頭のヘッドマークを、イラスト入りに刷新した。当時の記事によると、ひばりの場合、左下は黄地に麦穂、右上は青地に白のヒバリ、中央に仙台七夕の吹き流しをあしらったという。

特急列車に導入された絵入りのヘッドマーク。左から時計回りに上野―仙台間「ひばり」、上野―山形間「やまばと」、上野―仙台間(常磐線回り)「ひたち」、上野―会津若松間「あいづ」=1978年9月19日、仙台市大梶の国鉄仙台運転所

 82年11月に東北新幹線が盛岡まで開業。主戦場は新幹線に接続する青森行き「はつかり」や秋田行き「たざわ」に移った。

試運転中の東北新幹線と並走するひばり=1981年、撮影場所不明
新幹線と接続し、青森に向かうはつかり号=1988年3月、盛岡市のJR盛岡駅

 山形、秋田両新幹線の運行開始や東北新幹線の八戸、青森開業、新型車両への置き換えで徐々に数を減らした。2016年3月の北海道新幹線開通に伴い、新青森―函館間の特急「白鳥」が運行を終え、特急としては走らなくなった。

 一線を退いた車両は1990年代以降、団体用のお座敷列車や観光列車になった。大型観光キャンペーン「いわてデスティネーションキャンペーン」が展開された2012年、リゾート列車「ジパング」号として登場。週末を中心にJR東北線一ノ関―盛岡間を走った。

団体客を乗せて宮城県内を走るジパング号=10月2日午前11時25分ごろ、山元町山寺のJR常磐線山下―浜吉田間

 先頭の2両はお座敷車両、中間2両は「白鳥」で走っていた車両をそれぞれ改装し、世界遺産「平泉の文化遺産」の紹介コーナーや展望席を設けた。

 臨時列車では岩手県外を走ったこともある。18年12月には、阿武隈急行の全線開通30周年記念列車として乗り入れた。

 10日はツアー客を乗せて一ノ関―盛岡間を1往復し、運行を終える。老朽化しているため、その後は廃車となる見通しだ。残る485系は、群馬県の基地に配備されているお座敷車など12両だけだという。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る