東北楽天1位指名の吉野、入団合意 「しっかり体をつくって入寮したい」

色紙を片手にポーズを決める吉野(楽天野球団提供)

 東北楽天は18日、ドラフト1位で指名した埼玉・昌平高の吉野創士外野手(18)=185センチ、78キロ=と東京都内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円、年俸920万円で合意した。

 吉野はオンラインで会見し、「改めて身が引き締まった。プロ野球選手としてスタートするんだと思い、とてもうれしくなった」と笑顔を見せた。

 高校通算56本塁打を放った右の長距離砲。俊足で守備範囲も広く、三拍子そろった逸材だ。体の線がまだ細く、来年1月の新人合同自主トレーニングに向けて筋力強化を図っているという。「しっかり体をつくり、80キロぐらいで入寮したい」と話す。

 東北楽天に対するイメージが膨らんできている。ロッテと対戦したクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの第1戦(6日)は、ZOZOマリンスタジアムで観戦した。「試合に対する思いや練習から試合への入り方など勉強になった。先輩たちの姿を見ることができていい経験になった」と目を輝かせた。(金額は推定)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る