閉じる

飛沫の伝わり方予測、東北大が開発 せき直前の喉の動きをAI解析

 喉仏周辺の体温や動きを3次元映像で診断し、せきの発生と飛沫(ひまつ)の伝わりを予測する技術を東北大の研究チームが開発した。せきを感知すると座席間のエアカーテンが作動して飛沫を遮断するシステムなどへの応用を想定。新型コロナウイルスの新たな感染防止策にもつながると期待される。

 人間はせきをする直前、い…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ