菌類にも決断や記憶能力? 東北大グループ、餌の獲得行動を分析

餌の投与が定着2週間後の菌類(深沢助教提供)
14週間後の菌類。新しい餌(下部)にほぼ移っている(深沢助教提供)

 触手のような菌糸体を地中に張り巡らし、餌となる枯れ木などへ「引っ越し」を繰り返す菌類が、餌の獲得頻度によって引っ越すかどうか決めることが東北大研究グループの調査で分かった。菌類にも決断や記憶の能力があるとみている。

 研究グループは土壌を板状に敷き詰めた培養シャーレ内で、餌となる木片に定着させた菌類を観察。近くに置いた別の木片に積極的に移動するかどうか、木片の投入時期をずらして比較した。

 菌糸体の定着から2週間後に新しい木片を投入したシャーレでは、菌類は新しい木片に菌糸体を伸ばすものの、菌糸体の半分を古い木片に残していた。一方、新しい木片の投入を14週間後まで「お預け」状態にしたシャーレでは、菌糸体のほとんどを新しい木片に移動させた。

 研究グループの一人で大学院農学研究科の深沢遊・助教は「新しい餌の投入が遅いと、元の餌を使い果たす恐れがあるため、新しい餌へ積極的に引っ越しを進めたと考えられる」と説明。「餌の資源量を把握し、それに応じた行動を決断している可能性がある。生物の知能の起源やそのメカニズムの解明にもつながる」と期待する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る