閉じる

英医学誌掲載の論文に宮城大生参画 若者の副反応調査で中核担う

 宮城大看護学群4年の先崎桃乃さん(21)が調査の中核を担った新型コロナウイルスワクチンの副反応に関する論文が10月、国内の医学系の英文雑誌に掲載された。卒業研究の一環で参画した先崎さんは「研究の成果が形になり、うれしい」と喜ぶ。

 新型コロナワクチンは体内にウイルスを中和する抗体を作り、感染や重症化…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ