「交差接種」に向け市町村と調整示唆 ワクチン3回目で宮城知事

宮城県庁

 宮城県の村井嘉浩知事は25日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、1、2回目と異なる製品を打つ「交差接種」に向けて市町村と調整を進める考えを示した。

 同日の県市長会終了後の取材で答えた。村井知事は、現時点で米モデルナ社製が米ファイザー社製より多く供給される予定だと説明。「モデルナ製への切り替えがどうしても必要な場合があるかもしれない。調整は難しいが、走りながら手法を考えたい」と述べた。

 3回目の接種を巡っては、1、2回目と同じワクチンを望む声が多くなるとの見方もある。知事は「住民感情としては選択で悩むこともあるだろう。市町村を通じ、正確な情報を伝えたい」と語った。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る