ワクチン2回目接種率85%超 仙台市の12歳以上

新型コロナウイルス感染症のワクチンと注射器

 仙台市は25日、新型コロナウイルスワクチンの接種状況を公表した。12歳以上の2回目接種率が24日時点で85・1%となり、市が当初見込んだ85%に到達した。接種を希望したほぼ全員が2回接種を終えたとみられるという。

 年代別の接種率は表の通り。12~14歳の2回目接種率は64・4%で、前週(17日)から4・6ポイント伸びた。年代別で最大の上昇幅となった。15~19歳は2・4ポイント増の78・6%で、20代(76・6%)と30代(77・6%)を上回っている。

 市は12月以降、集団接種会場を1カ所に絞り、満12歳を迎えた児童、さまざまな事情で接種を受けられなかった人に対応する。予約は今月28日から専用コールセンターか、インターネットで受け付ける。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る