閉じる

仙台平野の先進的な農業再生(1)地域営農の鍵

 海岸線から約2.5キロ内陸に入った仙台東部道路を境に、作付けが始まった水田と手付かずの農地がコントラストをなす。

 東日本大震災の巨大津波はクロマツの防潮林を根こそぎ倒し、仙台市東部地区に開けた田畑をなめ尽くした。浸水面積は1800ヘクタール。東京ディズニーランド36個分に相当する平たんな優良農地が…

残り 1557文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ