閉じる

仙台平野の先進的な農業再生(5)ビジネスモデル

 東日本大震災の混乱の中で「農」の底力をまざまざと見せつけた一団があった。「マルシェ・ジャポン センダイ」。仙台市中心部の商店街に設置した仮設テントで連日、2万2000食分の炊き出しを行った。

 マルシェとは、フランス語で「青空市場」の意。もともとは仙台近郊の生産農家が、消費者に直接販売する機会を増や…

残り 1205文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ