閉じる

仙台平野の先進的な農業再生(2)経営感覚

 仙台東部道路と仙台空港に挟まれた水田地帯に、真新しい大型のハウス3棟がお目見えした。ハウスの中では、長さ35メートルの水耕栽培の架台に、レタスやサンチュなど葉物野菜が青々と茂る。

 津波で浸水した名取市植松の塩害農地で、株式会社「さんいちファーム」が野菜工場の経営に乗り出している。

 さんいちファーム…

残り 1221文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ