閉じる

仙台平野の先進的な農業再生(3)夢の作物

 津波にのまれた岩沼市下野郷の畑で、漢方薬草の甘草(かんぞう)がたくましく育っていた。宮城県のNPO法人「薬用植物普及協会みやぎ」が民有地を借りて行っている小さな実験場だ。

 「津波が3日間も引かなかった場所でこんなに立派に成長するなんて…」。試験栽培を手伝っている主婦原田教子さん(71)は、地中深く…

残り 1243文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ