コロナ禍、パートナーとの会話術 指摘調はNG、決定権を相手に

 新型コロナウイルス禍でドメスティックバイオレンス(DV)やモラルハラスメント(精神的暴力)が増えた背景には、「おうち時間」の増加に伴うストレスがある。パートナーと抜き差しならない状況に陥るのを防ぐ、ちょっとした気遣いのコミュニケーション術とは。
(生活文化部・浅井哲朗)

「私」を主語に伝えて

 一般社団法人「異性間コミュニケーション協会」(塩釜市)は、男女間のあらゆる悩みやトラブルに関する相談を受け付け、全国にいる認定講師が助言を行う。2021年、協会には昨年1年間の70件を優に超す約100件の相談が寄せられている。

 相談者はほぼ女性だ。長年、婚活ビジネスを続けてきた代表の佐藤律子さん(49)によると「どうしたら悪化した夫婦関係を改善させられるかと、前向きに悩む人が多い」。リモートワークが増えた夫と、子どものしつけを巡ってすれ違うケースが目立つという。

 険悪なムードを回避しながらも我慢しすぎないこつとして、佐藤さんは女性たちに二つ、アドバイスする。

 一つ目は「あなたの○○が駄目だ」と、相手の気になる点をあからさまに指摘するのではなく、「私は○○が嫌だ」と「私」を主語にすることだ。

 「『あなたは』と攻撃的な言い方をすると、男性も反撃したくなる。しかし、『私はこう思っている』と正直な気持ちを伝えれば、意見として冷静に処理できる」と話す。

 二つ目は、夫に決定権を持たせること。子どもの塾選びやある程度大きな買い物をする際、形だけでも最終的な決断を任せて、夫の家庭内での立場や自尊心を認めてあげるのだ。

 「面と向かうと、夫に優しくできない」という声も多いが、佐藤さんは「最初は心を込めなくてもいい」ときっぱり。「演技をするように接し、相手の良い変化を観察していけば、徐々に言いやすくなる」と助言する。

 家父長制的な環境で育った団塊ジュニア世代の男性は特に、人に弱みを見せられないという価値観が根強い。「このコロナ禍では、今までかっこいいとされてきた男らしさが、強がりや命令調のゆがんだ形で出てきている。気負わず、弱みをさらけ出せる関係を目指すべきだ」と佐藤さんは指摘する。

「コロナ禍で、今まであまり見えなかった夫の側面が見えてショックを受けたという声も多い」と話す佐藤さん

率直な感情、手紙に託す

 女性の経済的自立が当たり前になった現在。失職や減給の危機にさらされた夫がストレスを抱え、共働きの妻と衝突するのも、コロナ禍で生じたトラブルの特徴の一つとされる。

 異性間コミュニケーション協会認定講師で、仙台市の自宅で訪問・一時保育所「こころ」を運営する看護師の伊藤奈津子さん(43)は、長男(5)の出産直後、夫との関係が危機を迎えた。

 当時、夫は再就職したばかり。仕事の疲れもあり、家事、育児に自分が期待したような助けを得られなかった。会話もなく、不信感を募らせた伊藤さんは「自分の稼ぎだけでも育てていける」と、本気で離婚まで思い詰めた。

 しかし、考えた末、とどまった。言葉だと感情的になると思い、心身のつらさ、手伝ってほしいことやその時間帯、夫の収入に対する率直な心配などを、2度にわたり手紙にしたためた。

 夫は対応を改善してくれた。自分も、夫から給料を受け取った時に「ご苦労さま」「ありがとう」が言えていなかったことを、素直に反省できた。

 「『察してほしい』だけじゃなく、不安な気持ちをしっかり伝えられたことで、行き詰まった状況を脱することができた」と伊藤さん。今は「相手のしてほしいことを相手の立場で考え、行動に移す」ことを心掛け、家族3人で笑いの絶えない毎日を過ごしているという。

モラハラやDV、被害受けたらすぐ相談

 パートナーとの関係がこじれ、モラハラやDVの被害を受けたら、行政の窓口や支援団体に速やかに相談したい。

 夫や彼氏からのDVに悩む女性を対象に、1999年に電話相談を始めたNPO法人ハーティ仙台(仙台市)。2020年度の相談件数は846件と、コロナ禍が本格化する前の19年度に比べて、100件近く増えた。

 だが、プライベートな問題を相談することに罪悪感を覚える人は少なくないという。「埋もれているケースはまだまだあるだろう」と代表理事の八幡悦子さん。「一方的に自分の言うことを聞かせようと、言葉や暴力で相手を支配するのはDVであり、虐待に当たる」と、恐怖を感じたら相談するよう呼び掛ける。

【主な電話相談先】
●ハーティ仙台(女性専用)022(274)1885
月~金曜午後1時半~午後4時半、第1~4火曜午後6時半~午後9時(祝日、年末年始、お盆の時期を除く)
●宮城県の「みやぎ夜間・休日DVほっとライン」022(725)3660
木、土曜午後5時半~午後9時、日曜午後1時~午後5時(祝日、年末年始を除く)
●内閣府の24時間対応「DV相談+(プラス)」(0120)279889 「DV相談ナビ」♯8008

河北新報のメルマガ登録はこちら
+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。

企画特集

先頭に戻る