米軍機がタンク投棄 住宅街から数十メートル 青森・深浦

国道101号脇に落下した燃料タンク=1日午後2時20分ごろ、深浦町

 米軍の航空機が青森空港(青森市)に緊急着陸したトラブルで、防衛省などは1日、米軍機は三沢基地所属のF16戦闘機で、着陸前に燃料タンク2個を青森県上空で投棄し、うち1個が深浦町に落下したと明らかにした。タンクは住宅街から数十メートルしか離れていない場所で発見された。政府は米側に安全が確認されるまでF16の飛行中止を要請した。

 三村申吾知事は同日、三沢基地のティモシー・マーフィー副司令官と県庁で面会。「大惨事を起こしかねなかった。整備を徹底してほしい」と述べ、原因究明と再発防止を求めた。鬼木誠防衛副大臣とも会い、「米軍当局に厳しい申し入れをするなど厳正な対応をお願いしたい」と訴えた。

 マーフィー副司令官は「県民に心配と不安を与えて申し訳ない」と謝罪。タンクを投棄した経緯については「パイロットは取るべき手順を取り、短い時間の中でも無事に機体を着陸させることができた」と述べるにとどまった。

 米軍や県などによると、F16は11月30日午後6時ごろ、緊急事態に陥って燃料タンクを投棄。同10分ごろ、青森空港に緊急着陸した。米軍は当初、「岩木山近くの非居住地域に投棄した」と発表していた。

 タンクは、山頂から約30キロ離れた深浦町役場に近い国道101号と道路脇の町有地で見つかった。けが人の情報は入っていない。1日午後、三沢基地の米兵十数人が一部を解体するなどして破片を回収したが、もう1個のタンクは見つかっていない。

 緊急着陸の影響で青森空港着の1便が引き返し、同空港発の6便が運航を見送った。1日未明に機体を移動。滑走路に異常はなく、同日朝から通常の運用を始めた。

 三沢基地所属のF16を巡っては2018年2月、離陸直後にエンジン火災を起こした1機が小川原湖(東北町)に燃料タンクを投棄。19年11月には模擬弾を誤って六ケ所村の牧草地に落下させた。

燃料タンクを投棄後、青森空港に緊急着陸したF16戦闘機=1日午前9時25分ごろ、青森市

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る