閉じる

百貨店大沼の袖看板を撤去 「山形のシンボル失ったよう」

 山形市都市振興公社は11月29日夜から30日未明にかけ、昨年1月に経営破綻した同市七日町の百貨店「大沼」旧山形本店の袖看板を撤去した。店名を示す看板は国道112号にせり出すように設置されており、将来的な落下の危険を防ぐため撤去を決めた。

 「ONUMA」と記された袖看板は長さ12メートル、幅1・8メ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ