米軍三沢基地「油圧異常で投棄」 燃料タンク、2個目見つかる

落下した燃料タンクを山林から運び出す米軍関係者=2日午後3時40分ごろ、深浦町

 米軍三沢基地(青森県三沢市)のF16戦闘機が同県深浦町の住宅地の近くなどに燃料タンク2個を投棄した問題で、同基地が「エンジンの油圧が下がる警告が表示され、機体を軽くするためにタンクを切り離した」と説明していることが分かった。見つかっていなかったもう1個のタンクは2日、町内の山中で発見され、米軍が撤去作業を行った。

 三沢市によると、同基地のティモシー・マーフィー副司令官が1日、市役所を訪れた際、タンク投棄の経緯を明らかにした。訓練中だった2機のうち1機に油圧低下を示す警告が表示されたため、マニュアルに従って投棄したという。

 「パイロットは暗い時間帯で視界が悪い中、人や建物がない場所を狙ってタンクを切り離した」とした上で、もう1機が地上で火災の発生がないかを確認した後、三沢基地に帰還したとも説明した。

 2個目のタンクは2日午後、町役場から南東約1キロの雑木林で見つかった。周囲に人家はなく、人的被害は確認されていない。

 米軍などによると、F16は11月30日午後6時ごろ、燃料タンクを投棄した後、青森空港に緊急着陸。1個は町役場近くに落下した。

F16機、飛行中止せず

 米軍三沢基地(三沢市)の上空で2日午後3時半ごろ、F16戦闘機が飛行しているのを市駐在の青森県職員が確認した。燃料タンク投棄を受け、政府は1日、安全が確認されるまでF16の飛行中止を米側に要請していた。三村申吾知事は「飛行再開は地域住民の感情を逆なでし、不信感を増大させかねない」とのコメントを発表した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る