閉じる

<東北の本棚>「ゆるさ」が普及を促す

なぜ環境保全米をつくるのか 谷川 彩月 著

 環境保全米は農薬や化学肥料に頼らないコメ。河北新報社が30年前に展開した「考えよう農薬・減らそう農薬」キャンペーンをきっかけに提唱され、宮城県内を中心に栽培を広げる運動が始まった。今年の作付面積は県内で約1万8000ヘクタール。主食用米の約3割を占めるまで…

残り 612文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

東北の本棚

「東北の本棚」は、地元にゆかりの深い著者の本、東北を舞台にした本などを紹介するコーナーです。小説、評論、ルポルタージュ、写真集、絵本など、さまざまな本を厳選して生活文化部の記者が紹介します。

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより