FAQ

超薄型トレッドミル、仙台にショールーム 乗り降り容易、リハビリ安心

 トレッドミル(ランニングマシン)を製造する大武・ルート工業(岩手県一関市)は17日、仙台市青葉区中央2丁目に同社初のショールームを開設した。特許技術で走行面の高さを3・5センチに抑えた超薄型の自社ブランド品を展示し、訪れた人に使い勝手などを実感してもらう。

 超薄型のトレッドミルは主にリハビリ現場で…

残り 307文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る