映える「フルーツ大福」仙台で出店ラッシュ ブーム到来なるか

 フルーツを白あんと求肥(ぎゅうひ)で包んだ「フルーツ大福」を扱う店が仙台市内に急増している。地元組だけでなく、全国的なブームを生んだ専門店も参入し、活気づいている。(編集局コンテンツセンター・佐藤琢磨)

(左)宮町通沿いの真新しい梵天〇宮町店(右)一番人気の「イチゴ」

あふれ出す香り

 大福を付属の糸でくるりと巻いて切ると、中から色鮮やかな果実の断面が表れ、豊かな香りがあふれ出す。

 フルーツ大福は断面が写真映えする「萌(も)え断」と呼ばれ、フルーツサンドとともにインスタグラムなどSNSで人気を集めるスイーツ界の新星だ。

 仙台市内で出店が始まったのは7月頃から。

 宮町と一番町(ともに青葉区)に「梵天〇(ぼんてんまる)」、東七番丁(若林区)に「七曜星」、JR陸前高砂駅前(宮城野区)に「梨花(りんか)」がオープン。全国で約20店舗を運営する「凛々(りんりん)堂」(本社金沢市)は、JR仙台駅東口の宮城野区名掛丁とセルバ店(泉区)の2店舗を展開。24日にはブームの火付け役となった「弁才天」(本社名古屋市)が一番町に開店予定で、ほか2軒を含めて約5カ月で九つのフルーツ大福店が開店または出店を計画している。

風味と食感を大切に

 9月に開業した梵天〇は、果実を扱い60年を越える老舗仲卸業の「庄定」(若林区)と提携。東北産フルーツを中心とした品ぞろえが自慢だ。旬によって品目は増減するが、ショーケースには宮城県山元町産のイチゴ、青森県産のリンゴなど常時5種類ほどが並ぶ。

 創作だんごやわらび餅も人気だが、マネジャーの間枝勇樹さん(28)は「未体験なら一度食べて欲しい」とフルーツ大福に自信を見せる。最高で1日500個ほどが売れるという。

 7月下旬に始めた梨花はフルーツ大福専門店。仙台駄菓子の老舗「熊谷屋」(青葉区)があんと求肥を監修した。「うちの商品が完成したのは熊谷屋さんのおかげ。伝統の技を駆使しており、食感や風味は抜群」と広報の小杉潤さん(38)は胸を張る。

 果実のラインアップも豊富で、市場をくまなく巡って最低でも7種類以上をそろえる。これからはブランド品種のイチゴが登場する見込み。

 「ホシヤマ珈琲(こーひー)店」などを展開するホシヤマインターナショナル(青葉区)が運営する七曜星も7月上旬にオープン。ベーカリーを併設した店内に、イチゴやメロンなど常時4種類と季節限定品が並ぶ。柔らかく口溶けのよい求肥が自慢だ。

 部長の石塚雄二さん(46)は「仙台では1年前までなかったスイーツだが、ブームは来ると思っていた。お客さまに価格の相場観が根付けば、もっと広がるのでは」と期待する。

(左)断面が鮮やかなフルーツ大福「ミカン」(右)梨花の陸前高砂駅前店

切るときは向きが大事

 3店とも1個400円前後から。果実の甘さを生かすため、白あんや求肥の糖度は控えめだ。定番はイチゴだが、ボリュームがあって切断面が美しいキウイも人気がある。梵天〇はパイナップル、梨花はシャインマスカット(期間限定)、七曜星はミカンもおすすめという。

 大福を切るときは、断面が見栄えするよう向きに注意が必要だ。イチゴやミカン、キウイなどは簡単に切れるが、皮がすべすべしたブドウや実が硬いリンゴは手ごわい。巻いた糸を両側からバランス良く力を入れて引っ張るのがこつ。

 出店急増の理由は、ブームに加えて仙台が「スイーツ好き都市」ということも無関係ではなさそうだ。

 総務省の家計調査(2018~20年)によると、仙台市は一世帯当たり菓子類に年間9万1333円を支出しており、全国の都道府県庁所在地・政令指定都市で9位。フルーツ大福が分類される「ほかの和生菓子」では1万540円を支出し、7位の消費額となっている。

 梵天〇の間枝さんは「少々値は張るが、自分へのご褒美や贈り物にぴったり」とPR。梨花の小杉さんは「競争は激しくなるが、各社で競いながらフルーツ大福を盛り上げたい」と意欲を見せる。

(左)青い外観が特徴的な七曜星(右)フルーツ大福「キウイ」も切る向きに注意

【お店ガイド】

梵天〇
<宮町店>仙台市青葉区宮町2-2-16。
<一番町店>青葉区一番町4-9-18。
1個388円(税込み)から。創作だんご、わらび餅などもある。営業時間は宮町店が午前10時から午後7時、一番町店は午前10時半から午後7時半。ともに不定休。

梨花
<陸前高砂駅前店>宮城野区福室2-6-11。
1個450円から。選べる3個セット1400円、6個2700円(いずれも税込み)。営業時間は午前10時から午後5時。不定休。青葉区内の「つやぱんバーガー」2店舗でも買える。

七曜星
若林区東七番丁22。
1個324円(税込み)から。生食パンや菓子パンなども販売する。営業時間は午前10時から午後8時。無休(年末年始は除く)。

フルーツ大福
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る