FAQ

仙台にあった「小田原遊郭」 「鬼滅の刃」新作で見つめ直す地域の歴史

 人気テレビアニメ「鬼滅の刃」の新作「遊郭編」の放送が5日に始まる。主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、遊郭に潜む人食い鬼との戦いを繰り広げる。舞台は大正時代の東京・吉原遊郭だが、仙台にも明治中期から昭和中期にかけて、東北一とうたわれた「小田原遊郭」があった。忘れ去られつつある色街の歴史を振…

残り 1936文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る