閉じる

社説(12/18):国交省統計書き換え/公正さゆがめた責任は重い

 国の公式統計に対する信頼を揺るがす事態が、またしても起こった。データを軽視し、公正さをゆがめた責任は重大だ。

 「建設工事受注動態統計調査」で、国土交通省がデータの書き換えを都道府県に指示したり、同じ業者の受注を二重計上したりしていた。書き換えが始まった時期は不明で、二重計上は2013年以降8年間続…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ