閉じる

豚熱、東北3県に波紋 宮城の養豚場で2例目 感染予防に隣県腐心

 宮城県の養豚場で2例目となる豚熱(CSF)の感染が25日確認され、同県や関係先のある岩手、山形両県に波紋が広がっている。主な感染源の野生イノシシが各地で日常的に出没し、感染ルートの特定が難航する中、各県は感染拡大の防止に腐心。迅速な防疫措置に取り組みつつ、感染予防対策の徹底を改めて業界に呼び掛けた…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集