初日の出、見えるかな 仙台は6時53分

 いよいよ2022年。仙台の初日の出は1月1日午前6時53分、東南東から上がる。

 仙台管区気象台によると、元日朝の天気は仙台、石巻などの東部で曇り明け方まで雪、西部は雪でふぶく予報となっている。最低気温は仙台で氷点下4度、白石で氷点下5度まで冷え込む見通し。屋外で観察する際は十分な防寒対策が必要だ。

2021年の初日の出を眺める人たち=東松島市の野蒜海岸

 ◇松島湾 遊覧船は塩釜市のマリンゲート塩釜発着、同塩釜発松島着、松島町の松島海岸観光桟橋発着の3コース。1日午前6時20~30分出港予定。料金は塩釜発着が2000円、塩釜発松島着が1600円、松島発着が1500円で、小学生はいずれも半額。塩釜発は丸文松島汽船022(354)3453、松島発は松島島巡り観光船022(354)2233。

 ◇船岡城址公園 柴田町の船岡城址公園の山頂部(136メートル)から初日の出を拝む。山頂に向かうスロープカーは午前6~8時に運行。料金は往復で中学生以上500円、小学生300円、未就学児無料。太平洋が望める町内の保養施設「太陽の村」は午前6時前に開門。

 ◇やくらい元日登山 加美町の薬莱山(553メートル)山頂で初日の出を見る。日の出の予想時間は午前6時54分。登山口から山頂までは1時間。登山口の鳥居で午前6時半から、下山してきた人にやくらい薬師の湯などの入館割引券とタオルを配布する。先着480人。町振興公社0229(67)3388。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る