FAQ

ストレスによるぜんそく悪化、遺伝子変異が関与 東北医科薬科大チーム発表

 気管支ぜんそくの病態悪化の原因に、精神的ストレスの受容に影響する遺伝子の変異が関与していることを東北医科薬科大(仙台市)の研究チームが突き止め、日本アレルギー学会英文誌に発表した。

 精神的ストレスによるぜんそく悪化は、ストレスの情報を臓器や細胞へ伝達するタンパク質「ミューオピオイド受容体」の関与が…

残り 344文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る