気候変動による個体数減少、カンブリア爆発に影響 東北大研究グループ発表

 地球全体を覆った氷河期「全球凍結」から終了時にかけての気候変動と生物の関連を解明したと、東北大の海保邦夫名誉教授(生命環境史学)らの研究グループが発表した。氷河期と、その後の異常な温度上昇による生物の個体数減少が、次の時代の生物の大進化(カンブリア爆発)につながった可能性があるという。

 研究グループは中国湖北省三峡ダム付近で、全球凍結から温暖化に向かう6億5000万~6億3000万年前に形成された堆積岩を採取。堆積岩の有機分子を分析して光合成生物、真正細菌(バクテリア)、真核生物の盛衰を推定した。

 これによると、大規模氷河に覆われた全球凍結時は生物のほとんどが絶滅したが、二酸化炭素を吸収して酸素を生み出す光合成生物(藻類)がわずかながら存在していた。

 氷河期も続いた火山活動で大気中の二酸化炭素が増え、温室効果で気温が60度程度に上昇して氷河期が終わると、生物の個体数が激減。二酸化炭素が海に吸収されて気温が下がる途中でバクテリア(真正細菌)が増加し、気温が普通の状態になると、現在の動植物につながる真核生物が栄えたと説明できるという。

 海保名誉教授は、個体数が減ると進化が進みやすくなる生物の特徴に着目。「全球凍結やその後の高温で個体数が極端に減ったことが進化を加速させ、次の時代のカンブリア爆発に影響した可能性がある」と指摘する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る