閉じる

「やっとこの日が来た」 福島・双葉、11年ぶり自宅で宿泊可能に

 東京電力福島第1原発事故に伴い全住民の避難が唯一続く福島県双葉町で20日、寝泊まりしながら帰還の準備を進める準備宿泊が始まった。原発事故以来約11年ぶりに自宅での宿泊が可能になった。町は今年6月ごろの特定復興再生拠点区域(復興拠点)の避難指示解除を目指す。

 準備宿泊の対象地域は、2020年3月に避…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ