FAQ

握手もグータッチも駄目、ハグ論外 「対コロナ」と闘う南相馬市長選両陣営

 23日投開票の福島県南相馬市長選が、かつてない事態に見舞われている。再選を目指す現職門馬和夫氏(67)の新型コロナウイルス感染が19日に判明し、陣営は候補者不在で選挙戦を続けなければならなくなった。対する前市長桜井勝延氏(66)陣営も「ひとごとではない」と警戒を強める。両陣営は「対コロナ」の厳しい…

残り 672文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る