桜井勝延さん(前南相馬市長)国や東電から連絡一切なし

 <東日本大震災の発生時は南相馬市議会3月定例会の一般質問中だった>
 激しい揺れが収まると庁舎の外に飛び出し、駐車場の片隅で災害対策本部を設置した。ヘルメットと防災服姿。ハンドマイクを使っての第1回会議だ。津波の避難勧告をするよう担当者に指示した。

 間もなく津波が来るという情報が入った。急いで庁舎の…

残り 3616文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ