ベガルタ、糸満キャンプ関係者がコロナ疑い 延岡への移動見合わせ

 J2仙台は23日、沖縄県糸満市で1次キャンプを行っているトップチーム関係者1人に、新型コロナウイルス感染の疑いがあると発表した。無症状だが、朝食前の抗原検査で陽性判定が出た。

 予定していた同日の練習は中止され、該当者を含むトップチーム関係者全員がPCR検査を受けた。2次キャンプ地の宮崎県延岡市への移動も見合わせた。

 活動再開はPCR検査の結果を待って判断される。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る